1/26

撮影ロケーション

西表島は手付かずの自然風景と動植物を見ることのできる生命にあふれた国立公園です。

​みなさんがここで撮影をするには、ロケーションに合った持ち物や服装の準備が必要となり、時には環境の変化に合わせて行動を起こすと言ったことも必要となりますので、一読の上より安心で創作に満ちたアートワークを楽しんでいけたらと思います。

準備していただくもの

海:サンダルまたはマリンシューズ・日焼け止め・タオル・飲料

山(ジャングル地帯):サンダルまたはマリンシューズ(目的地による)・日焼け止め・タオル・飲料

その他

お好みにより、帽子や簡単に羽織れる服などのアイテム。(写真のバリエーションが増える為お勧めです)

 

西表島撮影ロケーション

海での撮影

海での撮影の場合、干潮時をねらってビーチよりわずか入り組んだ場所で撮影を行うこともあります。

​そういった場所は、満潮となった際も足が届かないということは無いポイントではありますが、潮の入り時刻や状況に合わせて、余裕を持って撤退をします。

西表島撮影ロケーション

山での撮影

山での撮影は場所によっては危険を伴いますので、予めフォトグラファーが指定したロケーションを限定とした撮影とさせていただいております。

迷わない・公道より近い・ツアー客とかぶらないと言ったフォトグラファーのリサーチを終えたプライベート空間での撮影です。

希望される内容によっては、山の中の川を歩いたり段差の上り下りもありますので、足元の注意が必要です。

また、季節的に発生する虫などの対策に虫よけスプレーや薬は常備しております。様々なケースに遭遇しないよう予めロケーションの下見をし清掃などを合わせ日常で点検を行っております。

​ただし、足元は濡れる、汚れると言ったことは多少なりありますので、ご了承いただいたうえで撮影の参加をお願い致しております。

西表島撮影ロケーション

ハードルが少し高いかなと感じたら

虫が苦手であったり衣服が濡れたり汚れたりと言ったリスクのない日常的な風景での撮影を望まれる皆さまでも、印象的な場所や撮影の仕方によって神秘的で美しい表現でお撮りすることは十分可能です。

生活区の緑に囲まれた細道や草原であったりとロケーションの特徴を見て、環境に合った撮影法でお写真を撮ることもできます。